2006年12月14日

世界クラブ選手権 その2

十代の若気の至り2発で勝ちあがったインテルナシオナル。
あぁ・・若いって素晴らしい(爆)

インテルは隙あらばミドルバンバン撃ってくるかなり攻撃的なチームだった。結構こういうチームは好きです。注目のフェルナンドは今回は完全に黒子、守備&繋ぎ係でした。でも体格の割りに器用そうだし、見ていて守備的なズラタンかなぁ・・と思ったり。

逆にアルアハリは攻撃のリズムが全体的に一歩遅れている感じだった。アブドレイカは良かったけど。次回は2回連続出場チームとしての意地を見てみたい。

いよいよ遂に明日バルセロナなんですが、怪我人続出のせいでナシオナル同様17歳の秘密兵器を搭載しているそうです。不発弾でなければいいんだけどw

あと何故か南米サッカー協会からこんな素晴らしいオファーが来ているそうです。スケジュール等難癖つけてJリーグ側がこのオファー断ったらヘタレ&負け組確定だなwww

実は今日仕事で日産st.にいました。仕事はたいした事なかったけど、雨の中の作業だったのでちょっと疲れた


posted by くろがね at 00:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。