2006年12月18日

世界クラブ選手権 その4

・・・Σ(_∪ __;)


祝杯あげるつもりが自棄酒になってしまって、おまけに口内炎復活で昨晩ろくに寝れませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。FCバルセロナ負けました。完敗です。

準決勝であれだけ完璧なサッカーを見せてくれて、もうこれで優勝に死角なしと思っていたのですが。

決勝戦始まってから「ん・・何かおかしい」から「こりゃひょっとしてやばいかも・・」という予感が当たってしまった。
インテルナシオナルは中盤より上のバルサのメンバーにほぼマンマーク状態でほとんど縦パスが通らなくて、横パスばかりになってしまっていた。特にガウショやデコへのマークがきつくてほとんど仕事をさせてもらえなかった。攻撃の基点が潰されてしまって、ほとんど何もできない状態で前半終了。

ザンブロッタ→ベレッチ
モッタ→チャビ
と後半戦に交代があったが、怪我のザンブロッタはしょうがないとして、攻撃の基点を増やしたいがためのチャビへの交代が裏目に出たような気がする。その分守備が手薄になり案の定高めのDFラインの裏を取られてまんまと1点獲られたような・・
CLブレーメン戦のようにモッタを外すのなら、テュラムを入れてCBの守備
を固めてマルケスをボランチに上げていれば戦局は変わっていたかも。
それよりブレーメン戦であれだけ活躍したテュラムが出番なしだったのも疑問だった。「オレは観光しにバルセロナに来たんじゃないexclamation×2」と豪語するだけの獅子奮迅の活躍をブレーメン戦で見せてくれただけに残念でならない。
あとああいった鉄板DFにはエトーみたいなスピード系FWが効くと思うけどエスケーロじゃなくて、思い切って17歳ドス・サントスでも良かったんじゃないの??
あと準決勝の豪雨も選手のコンデションに影響を与えていたのかもしれない。試合後のガウショ鼻(*T^T)ズルズルだったぞ。

あぁ・・せめてメッシだけでもいてくれたらもうやだ〜(悲しい顔)



結局リバプールもバルサも世界一になれなかった。世界クラブ選手権になってから南米2連覇。去年も今年もブラジルのクラブ・・改めて凄いと思う。

来年はどのチームが決勝に立つのだろうか?



posted by くろがね at 11:05| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念でしたね^^;
人数減った時に一瞬盛り返したけど(後半30分
人数戻ったらまた押し込まれorz

んー難しいぜサッカー
Posted by 向井 at 2006年12月18日 23:18
あぁ、あの鼻血出しても戻ってきたDFですね。あれこそナシオナルの勝利への執念が見えた場面でした。

ところで今日サッカー好きの知り合いと話していたらガウショは実はミランに行きたがっていて、もしタイトル取ったら確実にミラン行きが決まっていたという話を聞いたのですが、どうなんでしょう??
Posted by くろがね@管理人 at 2006年12月19日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。